可愛いうさまる情報局

可愛いコを中心にまとめたサイトです

金髪&超ミニスカ... 清純派・有村架純が「ビリギャル」に挑戦するワケ

   


「ビリギャル」が映画化が決定

発行部数が55万部を突破した「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」が原作。

著者の坪田信貴による、子供を伸ばすノウハウと笑いを交えた軽妙なタッチが評判となり、新聞やテレビでも連日取り上げられるなど、大きな話題を呼んだ。

今年最も書店で目を惹いた「学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶應大学に現役合格した話」を映画化

どんなストーリー?

主人公は、中学、高校と全く勉強しなかった成績学年ビリ、超ミニスカートの名古屋の女子高に通う金髪ギャル。

高2の夏、母親に連れられて入塾したが、日本地図も描けないなど学力は小4レベル。

聖徳太子を「せいとくたこ」と読んで太った女の子だと勘違い...

ひとりの教師との出会いから運命が変わり、1年で偏差値40を上げ慶應義塾大学現役合格という奇跡を勝ち取るまでの笑いと涙の実話

監督は「涙そうそう」「ハナミズキ」の土井裕泰

本作のメガフォンをとるのは、映画「いま、会いにゆきます」や「涙そうそう」、「ハナミズキ」など数々のヒット作を生み出している土井裕泰。

「さやかちゃんと坪田先生、家族の起こした小さな奇跡の物語は、私たちに明日から『頑張る』勇気とヒントを与えてくれます。汗と涙と笑いのいっぱいつまった、とびきりの青春映画にしたいと思います」と意欲を示している。

主演はこれまで清純派のイメージが強かった有村架純

有村架純は大ヒットしたNHK連続ドラマ小説「あまちゃん」で、アキの母親(小泉今日子)の少女期を演じ、大ブレイクを果たした。

映画「思い出のマーニー」ではヒロイン役声優を務め、初舞台「ジャンヌ・ダルク」では主演するなど、今をときめく「清純派女優」として活躍。

有村は、これまで清純派のイメージが強かったが、今作では原作の表紙にもある「ミニスカ金髪ギャル」に変身する。

あっ書店でよく見かけるあの本を……(笑) RT

有村架純ちゃんがギャルやったら絶対かわいいだろうなー

有村さん自身は自分を清純派だとは考えていない...色んな役に挑戦したい!女優としての意気込み

自分で清純派とは思っていません。色々な役を演じながら、私の中の白の部分や黒の部分に気付いて、それを表現していきたいんです

これまでの清純なイメージにとどまらず、「今までやったことのないダークな役だったり、感情を表に出さない女の子に挑戦したい」と意気込みを語った。

有村さんは、あえて王道じゃない路線を歩んでいる。『SPEC』では野々村係長に結婚を迫る愛人役、『スターマン・この星の恋』では國村隼さんと派手なキスシーン……オジサンに夢を与える役も多い。

有村架純が考える理想の女優像

1993年2月13日生まれ、兵庫県出身。B型。女優としてドラマや映画、CMで活躍。現在ドラマ『MOZU Season1〜百舌の叫ぶ夜』(TBS系毎週木曜21:00〜)に出演中。6月7日公開予定の映画『女子ーズ』にも出演している。

 - Uncategorized

×