可愛いうさまる情報局

可愛いコを中心にまとめたサイトです

いじめ体験を告白!乃木坂46白石麻衣を支えたのは“一番のファン”だった

   


乃木坂46の人気メンバー・白石麻衣さん

2011年8月21日 乃木坂46第1期メンバーオーディション合格。

愛称は「まいやん」である。キャッチフレーズは「白い肌がチャームポイント」である。

「黒石さん」というバラエティ用のキャラクターがある。

競馬バラエティ番組「うまズキッ!」へレギュラー出演開始。乃木坂46として、また白石麻衣として初の単独レギュラー。

『Ray』の専属モデルとしても活躍している

専属モデルを務めるRay では 2014年 01月号で表紙を飾った

白石は、アイドル活動のほか、昨年から女性ファッション誌『Ray』の専属モデルとしても活躍。

ファッション誌「Ray」1月号で初の単独表紙をつとめることがわかった。初登場から約1年、専属デビューから8ヶ月という異例の早さで、歴史あるファッション誌の“顔”に大抜擢。

中学校でいじめを受けたという

中学校時代、ソフトボール部に所属。3年生になったときに周りからの嫌がらせを受けたという

中学ではソフトボール部に入部し、2年生でレギュラーを獲得した白石。練習はハードだったが県大会では常に上位、彼女自身も「あの頃が私の青春時代だった」と懐かしむほど、充実した学生生活だった。

無事に卒業できたものの、地元の高校に通わず

群馬県の中学校を卒業後、埼玉県の女子高等学校に進学した

支えてくれたのは家族、母親の存在だったという

白石さんが辛い状況の時に支えてくれたのは母親と家族だった。

本当に親に迷惑をかけてしまって…おそらく私の人生で一番。でもこの時期に寄り添ってくれた家族には、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

高校を卒業した白石は音楽の専門学校へ


Photo by Ryan McVay / Photodisc

高校卒業した白石さんは音楽の道へ進むことを決意

白石はもともと芸能界に興味がなく、高校では保育士を目指して勉強していました。それが3年生に上がると、専門学校の体験授業に参加したことがきっかけで音楽系の専門学校への進学を決意

音楽の道に進みたいと思っていて、高校を卒業して音楽の専門学校に進学したんです。

学校の先生から「こういうオーディションがあるんだけど、受けてみない?」と乃木坂46のチラシを渡されて、せっかくだから受けてみようかなと思ったのがきっかけです。

元々アイドル志望ではなかった白石の背中を押してくれたのは母親だったという

 - Uncategorized

×