可愛いうさまる情報局

可愛いコを中心にまとめたサイトです

生田斗真×広瀬すずが禁断の恋!『先生!』実写化に期待

   


■人気コミック『先生!』が斗真×すずで実写化

人気コミックを実写化する映画「先生!」(監督三木孝浩、来秋公開予定)で、高校教師と女子高校生の純愛を描くラブストーリー。

映画の主人公となる高校教師・伊藤貢作役は生田斗真、彼に恋をする島田響役は広瀬すずが演じる。

■原作は570万部を誇る河原和音の大人気コミック

別冊マーガレット(集英社)にて1996年から2003年まで連載され、単行本は全20巻で刊行された。

河原は「先生!」を「自分にとっても懐かしい作品です。若い読者の皆さんだと、お母さんが知ってるかも!」と振り返り、「きっと素敵な映画になると思うので観てほしいです」とコメントした。

■教師と生徒の禁断愛という王道ストーリー

島田響は高校二年生。ある日、友達から頼まれたラブレターを間違えて伊藤先生の下駄箱に入れてしまったことから運命は動き出した。今まで恋をしたことがない響だが、女ギライでクールだけど本当は優しい伊藤先生に徐々に惹かれていき…?

大人と子ども、教師と生徒、本音と建前…さまざまな思いが交錯する中、不器用で純粋な2人の“じれったい恋”を描く。

広瀬演じる響。人生初めての恋に落ち、気持ちを抑えきれずに「先生!好きになっても、いい?」といきなり告白。伊藤は諦めさせようとするが、次第に心が揺らいでいく。

■一見とっつきにくい教師役に生田斗真

一見生真面目でとっつきにくいが、根はやさしく教師愛に溢れる世界史の教師・伊藤貢作(生田)。

恋愛映画は『僕等がいた』以来5年ぶりとなる生田は「生田、久々に恋愛映画やるってよ。キュンキュンを超えて、ギュンギュンする映画を作ります」と気合十分。

生田は「三木監督の描く、青春時代の一瞬の煌めき、キラキラと輝く眩しい世界観の中で、大人の男を精一杯演じたいと思っています」と意気込んだ。

生田は初共演となる広瀬について「映画に対して、お芝居に対してとても誠実。今から本当に楽しみ」と話し。

■恋愛初心者の生徒役は広瀬すず

広瀬は王道の恋愛作は初めて。「少し恥ずかしい気持ちもありますが、伊藤先生への気持ちを大切に、先生のことを大好きになりたい」と“初恋”を楽しみにしている。

響が高校の弓道部員であることから、1カ月半以上、弓道場に通って、弓道の精神、所作、実際に的を射る練習などに励んで役作りを行っている。

 - Uncategorized

×